実質金利と名目金利どちらがわかりやすいか

金利という言葉は日頃よく使っていますし、細かい意味はともかくとして多くの人たちが意味を理解しています。 しかしでは実質金利と言われた時に意味がわかる人がどれほどいるでしょうか。 名目金利とは異なる実態に即した考え方です。 お金借りる条件を考えたときでも、こういった情報を知っておくと便利なのではないでしょうか。 まず名目金利とはどのようなものか知る必要があります。 名目という名前のとおり名目上の金利を表しています。 5%の金利など通常で使っているのも名目金利である場合が多いです。 毎年7%の金利が複利でつけば10年で約二倍にまで膨れ上がります。 しかし経済というものはインフレが起こっています。 そのインフレ率も考慮して計算するのが実質金利です。 海外の銀行に投資をしようと思った時に銀行がつけてくれる金利が非常に高いことに驚く人が多いです。 しかしその多くの場合その国はインフレ率が日本よりもかなり高いです。 そのため金利がついたあとに円に交換しようとした時にどれほどの金利がついているかは期待よりも少なくなってしまう場合が多いです。 このようなインフレをも考慮に入れた実質的な金利を投資の前に知ることは大事です。 特に最近ではインターネットを利用した投資が増えてきています。 それにともない国内の株式だけでなく海外投資をする人も増えています。 その時に金利の数字だけにとらわれることなく実質金利を考慮にいれて投資を行うことで、より一層賢いリスク管理を行うことができ自分の資産のリスクをうまく分散することが可能になります。

会社の運命を握るキャッシュフロー

会社を経営している人は年に一回の損益計算書と貸借対照表を出します。 この二つは会社の一年間の成績を表す指標とも呼べるものです。 損益計算書は1年の収益と費用を表しており、その差額が利益か損失となります。 そしてこの収益の中には未回収の売上が含まれています。 黒字倒産という言葉もあるように、あくまでも売上として計上しているだけであって、現金を回収したわけではありません。 そこで、重要となってくる指標がキャッシュフローとなります。 簡単に説明すると会社経営においての現金の流れを管理する指標です。 会社を経営するにあたりこれを特に気を付けなければなりません。 損益計算書で決算日にたとえ利益があったとしても現金が乏しいなんてこともありえます。 利益が出ているのに現金が手元にないから次の仕入れができないということになりますと、明日から会社を運営することができなくなります。 資金繰りに苦しむと賃料や公共料金さえ払えなくなってしまうことも十分ありえます。 これらのことから利益は意見、キャッシュは事実と呼ばれています。 キャッシュフローをうまくいかないと数字だけ見るとうまくいっているように見えますが、最悪倒産ということも多いです。 日本では現金の流れがわかるように1999年度から法律で上場企業を対象にして、財務諸表の一つとしてキャッシュフロー計算書を作成することが義務付けられることとなりました。 これには営業と投資、財務に関する現金の流れについて記入します。 株式の投資家はこれを元に投資を考える目安にしているようです。

気軽にお金を借りたい場面で活躍!⇒「消費者金融から人に会わずにお金を借りられる?」はい!もちろんです!